山崎幹夫の各種センサー

8mmfilmの情報を提供&映像制作ノートとして始まったが、8mmfilmの死去で路上観察ブログになり、現在はイベント告知のみ

4月5日の浅川マキ上映@皆野町ホンキートンクは延期します

表題の通りです。コロナ禍がおさまるどころかこれからピークを迎えようとしているようだとの判断で、延期することになりました。開催の日時は落ち着いてきた頃合いに再検討致します。必ずやります。

浅川マキライブビデオ+山崎作品上映@那覇Punga Ponga

f:id:estan:20200314171115p:plain

浅川マキライブビデオ+私の映画作品上映。2020年4月9日〜11日、Punga Ponga@那覇。マキライブ映像は3日間の日替わりで20時からと24時からの2回上映で1500円+オーダー。私も映画作品も日替わりでこちらは22時から無料で上映します(ただし全作品DVDでの上映になります)。
まずマキビデオの内容から、9日は1993年12月28日のライブ(林栄一さんが加わっているものです)、10日は1988年2月の1ヶ月長期公演からのセレクション、11日は「nothing at all to lose」レコーディング風景、アメリカの大学でのミニライブ、1991年12月31日ル・ピリエその他いくつかの映像。
私の映画作品は9日が「海辺の記憶」「ゴーストタウンの朝」、10日が「LetMeEndWithYou」「居酒屋張々の夜」「夜のてのひらの森」、11日が「ディープスイーツ・シニア」です。全て1時間以内のプログラムです。
会場のPunga Pongaはブラジル料理店で、那覇市牧志1-11-11。ゆいレール「美栄橋」駅が最寄りです。予約・問い合わせはdeepbrasil2010@yahoo.co.jpへ。

f:id:estan:20200314171209j:plain

f:id:estan:20200314171228j:plain

 

浅川マキライブビデオ上映@埼玉県皆野町ホンキートンク

f:id:estan:20200314111959j:plain

浅川マキライブビデオ上映の告知です。4月前半に埼玉県皆野町沖縄県那覇市にてイベントがあります。

まずホンキートンク@皆野から。2020年4月5日(日)開場18時、開演18時半。前売2000円、当日2500円プラスオーダー。mi-saさんのライブと浅川マキビデオ上映です。内容は1991年12月31日文芸坐ル・ピリエになります。ホンキートンク秩父鉄道皆野駅から徒歩3分です。帰る場所にもよりますが、都内にも終演後に電車で帰れる距離だと思いますので、興味ある方は乗り換え案内アプリで検索してみてください。メール(honky@chichibu.ne.jp)でも予約できます。

皆野、那覇の後は4月25日OPA!@水戸市栄町、5月8日エアジン@横浜、6月13日楽屋@新潟県村上市を予定しています。

2020年3月1日『ディープスイーツ・シニア』上映とトーク@国立キノキュッヘ(木乃久兵衛)

f:id:estan:20200216175611j:plain

f:id:estan:20200216175642j:plain

国立にある居酒屋&イベントスペース「キノキュッヘ(木乃久兵衛)」にて映画『ディープスイーツ・シニア』の上映と、ちょっと長め(45分ぐらい)のトークイベントを行います。料金は1000円で、上映&トークの後は打ち上げ(懇親会)も別料金であります。ラ・カメラ@下北沢も上映終了後30秒で打ち上げに入れますが、ここキノキュッヘもそもそも居酒屋なので速やかに打ち上げに入れます。1500円とか2000円で飲み食いできます。何か私に話したいこと聞きたいことがある人は、タイミングを見て割り込んで話しかけてきてください。

チラシに「個人映像の可能性vol.2」と添えられているように、昨年末にここで波多野哲朗さんのトークがあり、その第二弾企画です。私は「個人映画の可能性」について、かつて文章を書いたり(「現代詩手帖」2002年7月号)、かなり長時間話したり(1998年5月、岡山市の千日前貸しホール)したことがあったのですが、そのような硬い話はもはやどうでもいいのではないか、という思いがあるので現時点では「1975年の時点で高校一年生の東京郊外に住んでいた映画好きの男が、どのようにして実験映画・個人映画に出会い、自分もやがて作るようになったのか」をできるだけ詳細に語りたいと思ってます。波多野さんが60年代の話をしていたので、私は70年代のことを具体的事例を挙げて語ろうと思ったわけです。

キノキュッヘはチラシ画像に地図画像が添付されていますが、JR国立駅から徒歩13分あります。まっすぐな道でわかりやすいのですが、歩くのが面倒な人は、バスでもアクセス可能です。国立駅南口のロータリーの向こう側に「たましん(多摩信用金庫)」ビルが見えますがそこのバス乗り場から16時35分発の立川バス立川駅南口」行きで、バス停3つ目の「音高」で降り、30メートルほど戻った文具店の地下がキノキュッへ(木乃久兵衛)です。

浅川マキビデオ上映&ライブ@東中野・驢馬駱駝

f:id:estan:20200211095243j:plain

2020年2月23日(日)昨年もやった驢馬駱駝(ろまらくだ)@東中野で浅川マキライブビデオ上映+ライブのイベントがあります。18時開場、19時開演。ライブは渋谷毅林栄一石渡明廣。料金は2700円。そう言えば昨年はソルドアウトになったので、告知するのを控えたような。先日(1月31日)に聞いたら、予約はまだ余裕ありとのことでした。上映の内容は、昨年もオリジナルのチョイスでしたが、今年も通常のコンテンツからのチョイスで特別編成です。もちろん林栄一さんの加わった1993年12月ライブは多めに入れます。

2020.1.31浅川マキライブビデオ上映@国分寺giee

f:id:estan:20200121063152j:plain

浅川マキライブビデオ上映、名古屋・金沢・京都が終わったばかりですが、次は1月31日、giee@国分寺で昨年12月に大阪で上映した新コンテンツを上映します。ル・ピリエでのライブ(1992年)あり「nothing at all to lose」のレコーディング風景、マサチューセッツ州の大学での渋谷さんマキさんでのライブ風景などです。19時半開場、20時スタート。1000円+ドリンク。JR国分寺駅から徒歩3分。アクセスは添付画像を参照ください。その後、2月23日にライブ(渋谷毅林栄一石渡明廣)付きで驢馬駱駝(ろまらくだ)@東中野、4月5日にホンキートンク@埼玉県皆野町が決まっています。その他も声がかかっている場所あります。今年は色々回れそう。決まり次第、告知します。