山崎幹夫の各種センサー

8mmfilmの情報を提供&映像制作ノートとして始まったが、8mmfilmの死去で路上観察ブログになり、現在はイベント告知のみ

庚申塚の路地


巣鴨にできた武蔵野うどんの店を訪問するために巣鴨に行きました。
巣鴨は80年代に熱中した2つのことの本拠地であったので、とてもなつかしい場所です。
ひとつは80年代後半のピンクサロンブームの中心地であったこと。もうひとつはアマチュア無線の東京での本拠地で無線免許を取るための講習会がおこなわれている場所であること。
ま、それらの話は置いておいて、目的のうどん店が地蔵通りにあって、ちょうど巣鴨駅と都電荒川線の庚申塚駅の中間ぐらい。そこで庚申塚駅近くにいい路地があったことを思い出して再訪してみました。
あまり変化はなかったですね。
ただ、裸電球の街灯があるという、90年代半ばでも珍しい物件だったのだけれど、それはもうさすがになくなっていました。
以下、画像を貼付けておきましょう。